三角比sin cos tanの覚え方 (筆記体不要)

※ネタ記事ですが、人によっては役に立つかもしれません(笑)

よく見る三角比の覚え方

直角三角形に対して三角比を考える時に、どの辺と どの辺の比が sin だっけ? みたいに迷う初学者に対してよく紹介される覚え方がこちらです。

従来の筆記体を使った三角比の覚え方

例えば $\sin\theta$ なら、筆記体の「s」を思い浮かべると、筆記体の「s」がなんとなく直角三角形の右上の ($\theta$ でない方の) 角の部分にフィットするので、書き順も含めて考えると (分母)→(分子) の順で$\frac{b}{a}$ (高さ/斜辺) になるという覚え方です。

しかし最近は授業で筆記体を習う機会がなくなったみたいで、筆記体のsがそもそも分からない!と不評です。

S cursiva

ライセンス表記:Alma Cebrian, CC BY-SA 3.0, via Wikimedia Commons

こちらが筆記体のsの書き順で、左が大文字「S」、右が小文字「s」です。

もしかしたら初見の方もいらっしゃるかもしれません。

三角比覚える前に筆記体まで覚えなきゃいかんのか!!とお怒りの皆様に朗報です。

ブロック体で三角比は覚えられます。(←そういう問題か)

21世紀の三角比の覚え方 (筆記体不要)

CC0

筆記体とおさらばした結果がこれです()

$\sin$ の Sはちゃんと「S」にしました。これならもう読めない人はいない(確信)

$\cos$ は元々分かりやすい。($\sin$ も $\cos$ も斜辺が分母)

$\tan$ はカクカクっと90度の角に対して底辺→高さ辺で「T」

さすがにこれなら間違える人はいないであろう。

矢印付きで覚えれば、(分母)→(分子) の順で三角比を覚えられます。

これでもうサイン・コサイン・タンジェントはバッチリですね!()

ちなみに上記画像はパブリックドメイン(CC0)にしたので、誰でもクレジット表記無しで自由に有償・無償問わず、複製・編集・公開・共有できます。(フリー画像)

使い道があればどうぞ! (←無いわ!)

パソコン相談も受付中(*・ᴗ・*) よろしければフォローお願いします(懇願)

幾何の最新記事8件