MathJax活用術! Web上の数式のLaTeXコードのコピーや数式表示の高速化

Webサイトで数式を表示したい場合、以前は「+ – √ ^ / ≡ ∑」といった数学記号を使用して文字ベースで数式を表現したり、数式エディタなどで作成した数式を画像形式でアップしたりなどされていましたが、最近はWebサイトで綺麗に整った形の数式を見る機会が増えました。

\begin{align*} x = \frac{-b\pm\sqrt{b^2-4ac}}{2a} \end{align*}

このような形で綺麗に整形された数式は、MathJaxと呼ばれるJavaScriptライブラリにより表示されています。

MathJaxはWeb上で数式を綺麗に、かつどのような環境でも表示することを目指して開発されたライブラリです。

実は単に数式を表示する以外に以下の機能が搭載されており、訪れたサイトの数式がMathJaxで表示された数式なら便利に活用できます!

  • Web上の数式のLaTeXコードを簡単にコピーできる
  • 小さい数式をクリックで一時的に拡大表示できる
  • 全ての数式の表示倍率を一括で変更(拡大/縮小)できる

加えて、特定の数式フォントをインストールすればWebサイトの数式表示を高速化できるので、よく数学系や物理系、情報科学系のサイトに訪れる方は必見です。

画像形式になっているせいでコードをコピーできないWikipediaで数式コピーを可能にする方法についても解説しています。

MathJaxメニューの表示と日本語化

メニューの表示方法と日本語化

Web上の数式を右クリックすると表示されるMathJaxメニュー

画像のように文章の途中で数式が現れたら、単にその数式を右クリックするだけでメニューを表示できます。

スマートフォンの場合は数式を長押しするとメニューが表示されます。

 

MathJaxの右クリックメニューの言語を日本語化する画像

メニューは Language → 日本語 (ja) を選択することで日本語化できます

ただし一度日本語化しても、別のサイトの数式ではメニューが英語に戻ってしまうようです。

日本語でメニュー項目を把握したら、以降は英語のまま使用することをおすすめします。

数式を右クリックしてもMathJaxメニューが表示されない場合

数式を右クリックしてもMathJaxメニューが表示されない画像

上記画像のように、数式を右クリックしてもMathJaxメニューが表示されず、代わりにChrome(ブラウザ)の右クリックメニューが表示されてしまう場合、大抵の原因はブラウザの拡張機能です。

特に右クリックメニュー動作変更系の拡張機能(アドオン)が有効になっているせいで、MathJaxの右クリックメニューが表示されなくなってしまっている可能性があります。

自分の場合、Enable Right Click という、右クリックメニューが無効になっているサイトで右クリックメニューを有効化する拡張機能が原因でした。

どの拡張機能が原因かわからず症状が治らない場合は

  • シークレットモードでサイトを閲覧する
  • 別のブラウザを使用する

などしてください。

数式のLaTeXコードをコピーする方法

パソコンの場合

MathJaxの右クリックメニューからLaTeXコードをコピーする方法

  1. LaTeXコードをコピーしたい数式を右クリックする
  2. 数式を次の形で表示 → TeX コマンド (Show Math As → TeX Commands)
  3. MathJaxの数式TeXコード表示ウィンドウ
    ↑のようなウィンドウが表示されるので、「Ctrl+A」で全選択して「Ctrl+C」でコピー (もちろんマウス選択でコピーしてもOK)

これで数式のLaTeXコードをコピーできるので、あとはコピーしたLaTeXコードをお使いのTeXエディタやWordなど、使いたい場所に貼り付けて利用して下さい。

スマートフォンの場合

スマートフォンの場合は数式をロングタップ(長押し)することで同様のメニューを表示できます。

手順はパソコンと同様ですが、メニュー項目が小さくてタップしにくい場合はメニュー表示後に画面を拡大してください。

一部のサイトでは直接数式のコードをクリップボードにコピーできる

MathJaxの右クリックメニューで数式を直接コピーする画像

「Copy to Clipboard」メニューがある場合は、選択するだけで直接数式のLaTeXコードをコピーできます。

ただし、このメニューが表示されるかどうかはサイトによる(サイトで利用しているMathJaxのバージョンが3以降?の場合のみメニュー追加)ので、本サイトを含めて多くの日本国内のサイトでは表示されません…。

小さい数式をクリックで一時的に拡大表示する方法

MathJaxのズームの開始操作メニュー

数式を右クリックし、数式の設定 → ズームの開始操作 → クリック と選ぶことで、数式をクリックした時に以下の画像のように数式が拡大表示されるようになります

MathJaxで一時ズームした数式

クリックの代わりに「ダブルクリック」を選べばダブルクリック時に、「ホバー」を選べばマウスカーソルを上に乗せた時に数式が拡大表示されます。

「必要なキー」を選択すると、そのキーを押しながらマウス操作をしない限りズームされません。

「ズームの倍率」で、拡大表示された時のズーム倍率を指定できます。

ただし、多くのサイトで数式はこの機能が必要になるほど小さく表示されていないので、特別見にくいサイトでない限りこの設定を使用することは無さそうです。

全ての数式の表示倍率を一括で変更する方法

数式の設定 → 全ての数式の倍率を変更…  をクリック

 

→ 画像のようなダイアログボックスが出るので、そこに表示倍率(%)を入力すると、サイト上の全ての数式の表示倍率が変更されます。

例えば数式が細かく複雑でごちゃごちゃしたサイトなら倍率を100%より大きくすれば見やすくなりますし、逆に倍率を100%より小さくすることで数式を縮小表示することも可能です。

【重要】Wikipediaで数式コピーを可能にする方法

Wikipediaの記事には数式が多用されたものが数多くあります。しかしWikipediaの場合、数式が画像化されてしまっているので右クリックしてもMathJaxの数式メニューは表示されません

これでは前述したLaTeXコードのコピーができませんので、MathJaxによる表示に置き換えるために以下の拡張機能をChromeに追加します。

Renders Wikipedia equations with MathJax…

この拡張機能をChromeで有効にすると、以後Wikipediaの数式がMathJaxでレンダリングされるようになるので、右クリックした時にきちんとMathJaxメニューが表示されます

Wikipediaに掲載された数式のLaTeXコードを手軽にコピーしたいな~ って方は必ずやっておきたい設定です。(PC限定)

【推奨】数式表示を高速化する方法

数式を多用したサイトを訪れると、数式の描画に時間がかかり、サイトの他の部分が表示されていても数式だけ見づらい状態でしばらく表示されることがあります。

数式を表示するために用いられているフォントをお使いのパソコンにインストールすることで、この描画時間を短縮することができます。

STIXフォントのインストール

まず、STIXフォントの配布サイトにアクセスします。

stixフォントのダウンロード方法

HOW TO INSTALL をクリック

stixフォントのダウンロード方法

「Step 1: Download」のところまで飛ぶので、そこにある赤線部のダウンロードリンクをクリック

stixフォントのダウンロード方法

赤枠部の「current version」のリンクをクリック

stixフォントのダウンロード方法

「Download」をクリックする。するとフォントファイルがダウンロードされる。

stixフォントのダウンロード方法

ダウンロードされたZIPファイル「STIXv○○ (○○はバージョン名)」を解凍し、中にある「OTF」フォルダを開く

stixフォントのダウンロード方法

5つのotfファイル(フォントファイル)があるので、すべて選択して右クリック → インストール

これでフォントファイルのインストールが完了しました。以後、サイト上の数式の描画には今回インストールしたフォントファイルが用いられるようになるので、数式の表示が高速化します。

最後に

以上がMathJaxで表示された数式の便利な使用法や高速化方法でした。もしWebサイトをお持ちの方でしたらMathJaxを用いることで記事中の数式を簡単かつ綺麗に表示させることができるので利用を強くおすすめします!

また、数式を手書きの画像ではなくLaTeXコードで記述することにより、数式検索エンジンでの検索も可能となる上、情報の再利用性も向上します。サイト閲覧者にもサイト制作者にもお得な点がたくさんあるので、利用を検討してみてください。

 

MathJaxの右クリックメニューからLaTeXコードをコピーする方法
パソコン相談も受付中(*・ᴗ・*) よろしければフォローお願いします(懇願)